BLOG

外壁の塗替え時期

取り掛かることを躊躇してしまう、外壁の塗り替え・・・
大切な住まいを守るための、外壁塗装の塗り替え時期とは・・・?

塗り替え時期は、自分ではなかなか判断しにくく、実施範囲も広いために後回しになりがちです。
汚れが目立ったきたことを分かっていても、なかなか外壁塗装に踏み切れなかったり、外壁塗装の営業の人から塗り替えをすすめられても、本当かどうか疑ってしまう事があると思います。

自分で塗り替え時期を見分けるためのポイントをいくつかご紹介します!

<5年以上経過しているかどうか・・・>
5年が経過すれば、どんなに耐久性のある外壁材や塗料を使っていても、劣化や退色などが少しずつ生じ始めている可能性があります。
目立たない程度の汚れであれば、しばらく様子を見ても良いですが、定期的にチェックすることをおすすめします。

<壁にヒビが入ったり、亀裂が生じていないかどうか・・・>
ヒビや亀裂は、塗装そのものの劣化だけでなく、下地まで劣化が進んでいる可能性があります。
ヒビや亀裂は、雨水等の侵入によるカビの発生や、雨漏りを起こす原因となり、さらに進行すると建物内にまで影響を与えることがあります。

もし、予算などで家を全体的に塗り替えるのが厳しいという場合は、問題の部分のみ塗り直しをすることが可能な場合もありますので、なるべく早めに専門業者に相談しましょう。

他にも、塗膜が劣化すると、鉄の部分がサビていたり、壁面を触ると白い粉がつく場合もありますので、塗り直しを判断するポイントにしましょう。
外壁は建物を守る大事な部分ですので、年数に関わらず、気になる部分は早めに対処しておきましょう。

<こんな症状はありませんか・・・?> 劣化のチェック項目
・外壁にや屋根に苔や藻が生えていないか?
・触ると白い粉や塗装の粉が付いてこないないか?
・外壁の鉄の部品にサビや塗装の剥がれはないか?
・雨漏りしていないか?
・外壁がヒビ割れていたり、外壁塗装が剥がれたりしていないか?
・建物全体が色褪せたり、汚れが目立っていないか?


※この中で1項目でも当てはまる項目がありましたら、外壁・屋根塗装の塗り替えが
 必要な可能性がありますので、まずは専門の業者にぜひご相談ください。

雨漏りについて

私たちの大切な住まいの一部が雨漏りしだしたら・・・
それはとても深刻な被害です。

今回はどんな家が雨漏りしやすいのか、反対に雨漏りしにくいかをご紹介したいと思います。

『どんな住宅でも雨漏りの可能性はあります』

家を建てる前に雨漏り対策をしっかりした家と、そうでなかった家とでは、雨漏りが起こる可能性は変わると思います。
しかし、雨漏りのほとんどは「建物の老朽化による雨漏り」なのです。

どんなに防水設計をしたり、雨漏りしたことがないという家でも、建物自体が老朽化するにつれて雨漏りしやすくなってしまいます。
「老朽化しない家を建てる」のは難しいですがなるべく老朽化しないように定期的なメンテナンスを行い、「雨漏りしにくい家にする」事は可能です。


ここで、定期的にチェックしたほうがいいポイントをご紹介します!

外壁点検

『壁が変色してきている』
窓廻りや換気扇廻りなど汚れやすい場所や、その他にも目立った変色がないか。塗料が老朽化していたり、寿命の可能性もあります。

『タイル壁の状態』
湿気やすい北側のタイル壁などに、白華現象(白く線状にシミが垂れたような現象)が発生していないか。
そのままにしておくと、ヒビ割れや漏水を起こす原因となることがあります。

『ベランダの裏側の状態』
ベランダの裏側を見てみてください。シミや汚れが目立つ場合、防水層の劣化やヒビ、ドレン管の破損、防水シートがきちんと設置できていない可能性などがあります。

ご自分で点検可能な所もありますが、判断が難しい部分もあります!

一度点検をしてみたい、また何かお困りの事など、小さなことでもお気軽にご相談ください。

BLOG はじめました。

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、ブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。